アラフォー・アラフィフ中年独身男女を救え!Save Around-40&50 Middle-aged Singles!

健康/医療/投資/仮想通貨/政策/社会保障/税制等についての情報を独自の視点で解釈について発信し、着想を得たり世の中を面白く捉えたりできることを目指します(produced by 横井宏英)。

驚異の収益性を叩き出すNFLから再分配政策を学べ!【長尺】

米四大プロスポーツの1つであるNFLは、各チームの戦力均衡を徹底させることにおいてあらゆるプロスポーツで群を抜いた仕組を持っていると言えます。上記はそれがよくまとめられた記事です。

 

そしてNFLは同時に、米四大プロスポーツの中で最多の収入を稼ぎ出し、各チームの平均収入も最多です。NFLの試合が主に週1回しか開催されないことを考えれば、いかに収益性の高い形になっているか分るでしょう(北米四大プロスポーツの収入についてはこちら)。

 

NFLは資本主義経済において他のプロスポーツやエンターテイメントと競合していますので、国が資本主義経済システムの中で他国に対して優位な競争力・成長力を持つために何が必要なのかNFLは教えてくれます。それこそ即ち、いかにプレーヤーである個人の資力を上手く均衡させ続けるかということに他なりません。

 

資本主義経済において、個人がどのように経済的活動の自由度を高めて創造的な能力を発揮できるかは持てる資力に大きく左右されるのは自明です。とすれば、NFLと同様に、税制でも個人収入の上限枠等を効果的に運用して他の国民に再分配することが、競争を活性化して全体の活力を高めることに繋がる可能性が極めて高いです。

 

それに比べて現在の税制等の社会システムは、収入格差が固定化しており、戦力均衡の観点では著しく不十分な形になっていると言えるでしょう。税制改革においてはこの観点を取り入れることが圧倒的に重要です。 

f:id:yokoihir:20180429163232j:plain

関連記事;